インプラント周囲炎とはどんな病気ですか?

河原町歯科医院 代表 江口公人

「インプラント歯周炎」とは天然歯でいう「歯周病」と同じです。

口腔内の細菌によりインプラント周囲の歯茎に炎症がおこり、さらに悪化するとインプラントを支える顎の骨にまで炎症が達し骨が溶けていきます。結果、インプラントがぐらついたり、抜け落ちたりしてしまいます。インプラント歯周炎が自然に治る事はありません。適切な治療が必要です。

インプラント歯周炎になってしまった場合、基本的には、天然歯でいう「歯周病」と同じ治療を行います。歯石の除去、歯周ポケットの清掃、細菌の除去など。ひどい場合にはインプラントを撤去して再手術を行います。

インプラント歯周炎を予防して、より長くインプラントをお使いいただくためには、毎日のセルフケアに加えて、口腔内のクリーニングやインプラント歯周炎のチェックなど歯科医院での定期メンテナンスがとても重要です。歯石の除去、歯周ポケットの清掃、細菌の除去、きちんとブラッシングができているかのチェックなどをしっかり受けてください。

また、インプラント歯周炎の原因が、口腔内の細菌以外のものによる場合もあります。噛み合わせの調整や歯ぎしりも含め、歯科医院でしっかりとメンテナンスを行ってもらうことが、インプラントを長持ちさせるコツでもあります。